デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科治療がベスト!選ぶ際の注意点も知りたい

デリケートゾーンの黒ずみの悩みは女性にとって非常に切実で、普段見えない部分であるだけに周囲に相談できない方も多いのです。

しかし、黒ずみは体質や時間の経過によって悪化していくこともあり、このまま放置していては悩みをより深くしてしまいます。

今回はデリケートな部分の黒ずみだからこそ、肌を熟知している皮膚科での治療を進めるという認識の下、一般的な治療法やエリアごとの専門皮膚科及び関連の医療機関についてもご紹介していきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ治療を皮膚科にて行うべき3つの理由

皮膚科はお肌の専門家である

デリケートゾーンも皮膚の1つという認識を持っていれば、その黒ずみに対する治療もいかに慎重に進めなければならないかが理解できるはずです。

確かに民間療法を含めた黒ずみ解消に関する知恵や知識は数多く存在しているものの、それら解消法に対する有効性については明確に証明されている訳ではありません。

また、同じデリケートゾーンに発生する黒ずみであっても、その発生原因は人によって様々であり、原因の特定や対処療法に関しても個別に対応していくことが必要となります。

この点の確実な見極めを含めて、皮膚科にて治療を進めるということはごく自然な流れなのです。

医療的観点から黒ずみ治療が進められる

医療機関である皮膚科にて治療をするということは、デリケートゾーンの黒ずみを医療的観点から治療できることを意味します。

つまり、黒ずみの発生の原因が体質や年齢によるものかという点がたとえ間違っていなかったとしても、その背景には体内にある疾病やホルモンバランスの異常なども大きく関わっていることもあるからです。

このような医療的観点での治療は皮膚科のような専門医にしか進めることができず、黒ずみに悩むご自身が理解できることもあって結果的に治療効果もスムーズに進んでいきます。

デリケートゾーンの日常ケアにおける適切指導

一度でもデリケートゾーンの黒ずみに悩まれた方が心配する点と言えば、治療後に再度黒ずみが発生しないかという点ではないでしょうか。

既に触れたように、体質が変われば再発の可能性は十分ありますし、生活環境の変化によっても黒ずみが現れることもあります。

しかし、皮膚科などの医療機関であれば原因の特定から体質の見極めから始まって、個別の日常ケアのより良い進め方も指導してくれますので、再発のリスクもかなり低くしながら生活を送ることができるのです。

デリケートゾーンの黒ずみ治療を皮膚科にて適切に進める場合の費用は?

さて、気になるのはデリケートゾーンの黒ずみ治療には具体的にどのようなものがあるのかという点、それに詳細な費用の部分ではないでしょうか?

一般的に美容施術における医療行為は保険適用外になりますので、ここではおおよその治療価格を項目ごとにご紹介します。

レーザー治療

医療行為としての治療において、最もスピーディに効果が期待できる治療法としてレーザー施術がありますが、実のところ2つに種類に分類されます。

レーザートーニング施術

いわゆるホワイトニングとも呼ばれる一般的な脱色治療施術であり、デリケートゾーン以外にも体全体の黒ずみ改善に用いられます。

汎用性が高いことから比較的安く進められ、デリケートゾーンでの治療になると1回あたり安くて1万円~2万円(税抜)が最低料金の基準となります。

ただ、一般的なレーザーホワイトニング機器になると、デリケートゾーンの細部まで施術カバーができないこともあり、より美しく仕上げたい方にとってはこの点が治療上のデメリットになるのです。

インティマレーザー施術

デリケートゾーン専用の施術に開発されたのが、このインティマレーザーになります。

これは某有名医療機器製造会社により開発されたもので、デリケートゾーンの表面だけでなく、内部にも良い効果を与えてくれる総合的なレーザー施術法になります。

具体的に言うと、黒ずみ治療もデリケートゾーンのあらゆる部分を満遍なく進められるだけでなく、陰唇部全体のアクティブ化を進めてくれるのでより瑞々しく生まれ変わるのです。

インティマレーザーによるデリケートゾーンの黒ずみ治療の価格ですが、デリケートゾーン全体になると最低でも1回あたり8万円(税抜)~というところが多くなります。

治療も2回~3回に渡ることもあり、合計で最低20万円以上の費用は準備しておくべきです。

外用薬治療

自宅ケアを含めて、デリケートゾーンの日常的な黒ずみ対策には皮膚科でも外用薬が処方されることも多く、一般的には下記の2つが処方されます。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは一般的に黒ずみやシミ取りに活用されており、市販されているクリームなどのケアアイテムにも含まれています。

期待される効能としてメラニンによる色素沈着を抑えることにあり、黒ずみの除去について大いに役立ってくれるのです。

しかし、高い即効性は持ちませんので、継続的に使用することで黒ずみを長期的に抑えられるようになります。

皮膚科における処方ケースは軽度の黒ずみ、またはレーザー施術後の自宅ケア用に提供されることが多いのです。

トレチノイン

次にトレチノインですが、古い皮膚の角質を除去する働きを示し、角質の中にあるメラニンを同時に除去することでハイドロキノンの効果をより高めることができます。

よって、ハイドロキノンとの相性はとても良く、長期のケアには欠かせない外用薬成分となっています。

ただ、角質の除去により皮膚に刺激を感じることもあり、過度の使用では痛みを感じることすらあるほどです。そのため、使用する量は処方医師の指導によってきちんと守らなければなりません。

デリケートゾーンの黒ずみ治療を進める皮膚科を紹介

黒ずみの治療できる皮膚科と言っても様々です。ここでは、エリアごとにピックアップしていきます。

デリケートゾーンの黒ずみ治療ができる東京の皮膚科

湘南美容クリニック

全国各地にある湘南美容クリニックは、先進的なレーザー手術にて黒ずみを除去してくれます。

担当する医師も女性にて女性視点の治療を徹底しているので、初めての黒ずみ治療であっても術後ケアもしっかりとフォローしてくれます。

80を超える全国の拠点も魅力の1つであり、東京以外にお住まいの方でもより良い治療を享受できるのです。

南青山スキンケアクリニック

名前だけ見ると美容系の皮膚科ですが実際は形成外科や内科医なども在籍しており、症例に合った多様な治療が可能なクリニックになります。

デリケートゾーンの黒ずみ除去もレーザーホワイトニングは、医療脱毛とも一緒に進めることもできるので大変便利です。

おさめスキンクリニック

代官山にあるおさめスキンクリニックは、女性の総合的な美容治療にこだわった美容皮膚科です。

レーザーによるデリケートゾーンの黒ずみ処理はもちろんですが、漢方を活用した皮膚対策も可能となっており、崩れにくいアンチエイジング効果が期待できます。

ノエル銀座クリニック

銀座という一等地にあるクリニックですが、日本には数少ない「美容外科認定指導医」としての資格も持つ院長が在籍医師を指導しています。

デリケートゾーンへのレーザー施術も、肌への負担もかなり少ないメドライトC6と呼ばれる機器を用いており、複数回の施術を経て長期的な黒ずみ解消が可能です。

アベニューウイメンズクリニック

港区六本木にあるアベニューウイメンズクリニックは、あらゆる年齢の女性の健康を表面的だけでなく内面から美しくすることができます。

女性院長が、主婦や働く女性はもちろん、妊娠中の女性など様々な日常を持つ女性の健康維持を想定しているから安心です。

デリケートゾーンの黒ずみも複数タイプのレーザー治療が選択でき、自宅でのケア法もキチンとカスタマイズしてくれます。

デリケートゾーンの黒ずみ治療ができる大阪の皮膚科

ダブリュークリニック

形成外科の専門である院長による女性のためのクリニックですが、大きなポイントは治療法もセレクトも院長自身が経験している点にあります。

もちろん、婦人科や皮膚科だけでなく内科や歯科治療も行っており、まさにオールインワンにて女性の強い味方なのです。

デリケートゾーンの黒ずみ治療もレーザーと自宅ケア用のピーリング剤等を組み合わせているので効果も高くなります。

クリニーク大阪

心斎橋にあるクリニーク大阪は、デリケートゾーンの黒ずみに対するレーザー施術はちょっと怖いという女性におすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみ治療の基本は医薬用美容液によって進められ、完全な形で色素沈着も落とすのは難しいですが、リーズナブルにかなり高い美白効果が得られます。

デリケートゾーンの黒ずみ治療ができる名古屋の皮膚科

佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

天白区にある皮膚科と泌尿器科を兼ねており、女性にとって大変通いやすいクリニックになります。

デリケートゾーンの黒ずみ治療はインティマレーザーによる施術となりますが、お通じの問題も多い女性にとっては関連する症状の相談もできるので心強い存在なのです。

デリケートゾーンの黒ずみ治療ができる札幌の皮膚科

緑の森皮フ科クリニック

中央区にあるこの美容皮膚科は、札幌ローカルのクリニックですがきめ細かい治療を行います。

デリケートゾーンの黒ずみ治療では、AHA(アルファハイドロキシ酸)を用いた角質除去という形で治療してくれます。

デリケートゾーンの黒ずみ治療ができる福岡の皮膚科

あんぬクリニック

博多区にあるあんぬクリニックは、福岡でも珍しい女性医師による施術が人気です。

インティマレーザーも導入しており、デリケートゾーンの黒ずみ治療はもちろん、女性器全体のコンディション改善にも力を発揮してくれます。

デリケートゾーンの黒ずみ治療ができる沖縄の皮膚科

ヘシキ形成外科クリニック

沖縄市にある沖縄ローカルの美容系クリニックで最も有名で、カウンセリングも無料で行えます。

デリケートゾーンの黒ずみ治療に使用するレーザートーニング機器も備えており、形成外科専門医の院長がその技術をアンチエイジングにも生かしています。

デリケートゾーンの黒ずみ治療を進める皮膚科を選ぶポイント

形成外科専門医の存在

デリケートゾーンは皮膚であっても普段あまりに見られることのない部分ですが、同性友人やパートナーなどには見られることも多くなります。

しかし、美容を専門とする皮膚科であっても、すべての医療機関にて満足のいく治療効果が得られるかと言えば決してそうではありません。

それは、皮膚科であっても外見的に少しでも美しくするという観点が欠けていることもあるのが大きな理由で、この点は患者である女性からすると大きな問題になるはずです。

そのため、患部を少しでも美しくできる「形成外科」としての治療も可能な皮膚科はとても頼りになる存在となります。

ただ、美容系の皮膚科と形成外科を標榜、若しくは形成外科専門医の在籍しているところは現状決して多くないので、治療前にお住まいのエリアにてじっくりと探してみましょう。

症例と改善について明確に紹介

また、皮膚科を選ぶ上で重要になってくるのが、症例の改善をしっかりと紹介していることです。

改善例は治療を担当する皮膚科にとって実績なので、選ぶ側からすると自分の症状をきちんと改善してもらえるのかという大きな判断基準となります。

また、症例改善を多く紹介できるということは、患者さんとの信頼関係が大きいとも推測できますので、数ある皮膚科の中から客観的に優秀なところを見つけやすくなるでしょう。

治療部位を明確にしてくれる

デリケートゾーンの黒ずみ治療となると、患部の確認や治療方法の明確化を目的として事前ヒアリングが必ず行われます。

この際に見極めたいのが、自身の治療をどこまで進めてくれるかという部分をはっきりさせてくれる点です。

医療機関においてもトラブルになりがちなのが過度な治療であり、本来治療してほしい部分以外にも治療をして余計に費用を徴収されるというケースです。

保険治療であればまだしも、黒ずみの除去のような保険外治療では治療費が膨れ上がることも想定できます。

これにより、治療の明確な範囲と治療総額を事前にはっきり示してくれるところを選んでください。

デリケートゾーン黒ずみの皮膚科での治療にはかなりお金がかかる

確実なデリケートゾーンの黒ずみ治療を始めること自体はとても簡単ですが、事前に良い効果を期待できる皮膚科を選ぶことが何よりも重要です。

同じ料金体系であっても、術後の日常ケアが良好に進められないなどは話になりませんし、まずは幾つかヒアリングに参加してみてトータルで自分に合った皮膚科を必ず見つけ出しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみに市販のクリームや石鹸を紹介

年齢を問わず、どんな境遇の女性であっても気になってしまうデリケートゾーンの黒ずみです。

しかし、本格的に治療するとなるとその治療方法によっては高額になることも避けられず、結局は治療に今一踏み切れないという方も少なくありません。

それでも、デリケートゾーンの黒ずみ対策は市販のアイテムを使えば気軽に始められ、長続きしやすい治療方法になります。

ここでは、市販黒ずみ対策アイテムについて、その効果や価格等を踏まえ具体的な商品群を見ていきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみケアに市販のコスメを使うメリット

デリケートゾーンの黒ずみ改善における市販ケアアイテムの使用について、多くの方疑問を抱くのがその使用におけるメリットではないでしょうか。すぐに使って改善を試みたい方のために、そのメリットを取り上げていきます。

デリケートゾーンの黒ずみ改善の市販ケアアイテムは価格が安い

デリケートゾーンの黒ずみ対策のうち、いわゆる改善即効性のあるレーザー施術と比べると市販のケアアイテムは価格が安いことは大きなメリットです。

日常生活を維持しながら対策をとっていくことが何より重要で、どんなに治療効果が高いと分かっていても積極的に継続できなければ何の意味がありません。

そのためには少しでも価格の安い黒ずみ対策法を選ぶべきで、精神的にもリラックスしたまま改善を継続できます。

自分に合う黒ずみ改善アイテムが選べる

また、市販改善アイテムはその種類はとても多く、購入する選択肢がとても広いことが挙げられます。

改善アイテムは他の人の体質に合っていたからと言って、自分の体質に合っていることは限らないケースもあるのです。

いろんなアイテムを試してみることでやっと自分に合うものに巡り会えたというケースは、黒ずみ改善アイテムにも同じことが当てはまります。

既に述べた価格の安さにも関わってきますが、何度でも自分に合ったものが見つかるまで試すことができるのは市販アイテムだからこそ可能なのです。

豊富な流通量

そして、市販のケアアイテムであればよほどのことがない限り、売り切れになることもありません。

これは、もともと市販のケアアイテムが大量生産前提で販売されるということもありますが、自分を含めた多くの人が使っても効果が実感できるアイテムは長期に渡って徐々にパワーアップされ続けるのです。

その結果として、いつの時代でも相対的に安く購入できることになり、この点も市販ケアアイテムが持つ優位性となっています。

デリケートゾーンの黒ずみ予防対策

さらに、市販アイテムは既にできてしまったデリケートゾーンの黒ずみの除去だけでなく、その発生予防も進めることができます。

黒ずみは目立たなくなったからもケアは大丈夫と思って気を抜いたら、また目立つようになってきたという方も実は多いのです。

ここでは、日常ケアにて役に立つ2タイプの市販ケアアイテムごとにその有効な予防対策をチェックしましょう。

{デリケートゾーンの黒ずみケア石鹸}

黒ずみケアの市販アイテムの中では最も安いのがケア用石鹸です。使い方を工夫すれば長持ちしますし、パッと見も普通の石鹸なので黒ずみケアのために使っているとは思われません。

ただし、石鹸は肌への相性が特に分かれる反面、製品性質からお試し用がそれほど多く用意されていないことが使用上におけるネックの1つです。

{デリケートゾーンの黒ずみケアソープ}

入浴時でも肌と内相を懸念する方や石鹸そのものを使うのが億劫だという方は、ソープタイプをぜひ選んでみてください。

ソープタイプは若干の加水により広がりますので使いやすいのは間違いありませんが、量を多めに使ってしまいがちです。

これにより、既定量はもちろんですが自分にあった量を認識していないと、デリケートゾーン黒ずみ改善の段階にてお肌の異常を引き起こす可能性は注意したい部分になります。

{デリケートゾーンの黒ずみケアフォーム}

石鹸やソープは、自分のデリケートな部分の肌質に合わないという方もいることでしょう。

その場合はケア用フォームやホイップタイプをお試しください。このタイプは水を加えることなしにお肌になじむだけでなく、成分も弱めの酸性にて製造されていることが多いのです。

そのため、体質が変わってデリケートゾーンが蒸れやすくなったという女性にはとても重宝し、あらゆる年齢層の女性にマッチしているのがこのフォームタイプになります。

{デリケートゾーンの黒ずみケアクリーム}

次に黒ずみケア用のクリームですが、基本的には入浴時における上記のケアアイテムの使用後、デリケートゾーンの日常ケアのために用いるものとなります。

同じようなクリームタイプであっても手触りやお肌への馴染み感に好みが分かれることも多く、実際に使うとちょっと違うと感じるケースもあるのです。

そのため、お試し用を積極的に手に入れて、自分のデリケートゾーン環境に合うかどうかをチェックしてから使用を始めてください。

デリケートゾーンの黒ずみの市販クリームおすすめランキング|石鹸も紹介するよ

デリケートゾーン黒ずみの市販クリームや石鹸はたくさん売られていますが、特に評判がよくリピーターの多いものをピックアップしました。

NATURECO 薬用黒ずみ対策クリーム

まずはナチュレコの薬用クリームですが、デリケートゾーンはもちろん体全体の黒ずみに対応している優れモノです。

お風呂上がりのキレイな体での使用が推奨されますが、各種の保湿成分を含んでいるので美白を志しながらもしっとりとしたお肌を保ってくれます。

価格も1本2,000円弱にて販売されているので、コストパフォーマンスを考えても絶対に外せないアイテムでしょう。

ピンクヴァージンエンジェル

次に多くのタレントや読者モデルも使っているという黒ずみ改善アイテムが、ピンクヴァージンエンジェルです。

新型プラセンタの原液を成分にしており、黒ずみの原因であるメラニン生成を抑えてくれて黒ずみの発生を予防してくれます。

価格も1本あたり3,000円弱というリーズナブルさで、様々な年齢層の女性にお使いいただけるのです。

アンティーム ホワイトクリーム

何と言ってもお肌に優しいオーガニックが自慢のアンティームのホワイトクリームですが、このクリームの特徴はデリケートゾーン専用に作られた保湿兼黒ずみ対策アイテムなのです。

天然の植物原料にこだわって製造されており、1本3,000円以下で購入できるのが人気の秘密になります。

ペマエンジェル ナチュラルソープ

デリケートゾーンの黒ずみ対策用石鹸と言えばこれと言われるほどリピーターも多く、インドネシア由来の点根ハーブ「ジャムウ」等の天然成分を配合しています。

黒ずみの除去に必要な洗浄力を維持しながらも、肌のうるおいも逃がさないような製品設計がなされているのです。

お値段も1個2,000円程度と、長く使える石鹸としてはかなりお買い得なのは言うまでもありません。

ペマエンジェル ジャムウゲルパック

次は同じくペマエンジェルのジャムウゲルパックですが、基本的には上の石鹸と併用するのがおすすめです。

石鹸で洗浄して、その後にゲルパックでトリートメントするという認識が分かりやすいでしょう。

この価格は単品だと4,000円台ですが、石鹸とセット販売になっていることともあり、まとめて購入することでお得になります。

イロハ インティメートウォッシュ

弱酸性のデリケートゾーンの黒ずみ対策用として有名なのが、このインティメートウォッシュです。

商品ライナップはすっきりタイプと保湿タイプの2つがありますので、現在のお肌のタイプによって選んで髭使用することができます。

もちろん、デリケートゾーン以外にも使用でき、お値段も1本2,000円程度と嬉しい限りです。

インティマ フォームウォッシュ ロータスフラワー

お肌に特になじみやすいフォームタイプのデリケートゾーンの黒ずみ改善市販ケアアイテムと言えば、このインティマのフォームウォッシュになります。

徹底しえ汚れを落とさせるというよりも、お肌の持つ自己洗浄機能を失わせない設計になっています。

洗った後の香りの良さも魅力的で、小さなお子さまにも使用することができるほどのお肌に優しいアイテムなのです。

デリケートゾーンの黒ずみケアの市販商品の効果とは?

デリケートゾーンの黒ずみ市販のケアアイテムの使用後に実感できる効果を紹介します。ここでは、デリケートゾーンの黒ずみの市販アイテムにおける一般的な効果傾向を見ていきます。

長期使用にてデリケートゾーンの黒ずみが徐々に除去される

デリケートゾーンの黒ずみ用市販ケアアイテムですが、その効果の現れ方については1つの大きな特徴があります。

それは長期的に徐々に改善していくこと、もっと分かりやすく言いますと月単位で黒ずみが目立たなくなっていくメカニズムを持っているのです。

一般的にお肌の生まれ変わりのサイクルは1か月ほどと見積もられることも多く、これに合わせて使い続けることとはかなり重要になります。

つまり、この肌のサイクルを利用して黒ずみをスムーズにかつ徐々に除去していくので、市販ケアアイテムは長期使用が大きな前提となっているのです。

デリケートゾーンのにおいも一定程度改善

市販のケアアイテムを使い続けることにより、もう1つ期待できる効果は「におい」の改善もあります。

これは黒ずみそのものがこの「におい」の原因となっていることも少なくないためで、黒ずみが薄くなるにつれて「におい」からも解放されていることを実感される方も多いのです。

ただ、すべてのケアアイテムにてこれが実現されるという訳ではなく、これはデリケートゾーンの「におい」の原因が別に存在する可能性も高いことを示しています。

使用をやめるとデリケートゾーンの黒ずみが再発する可能性も

市販のケアアイテムにてデリケートゾーンの黒ずみ改善を進める場合には1つ注意すべき点があります。

それは使用をストップしまうと黒ずみが再発してしまうもあることで、使用し続けることを前提としなければなりません。

そのためにも、自分が使いやすい本当に体質に合ったケアアイテムをできるだけ早めに探すことを努めてください。

デリケートゾーンの黒ずみの市販クリームや石鹸のまとめ

デリケートゾーンの黒ずみの改善について、安いコストで始められる市販のケアアイテムですが、その効果を実感し続けるためには使い続けなければなりません。

ただ、アイテムによっては決して安くないタイプも売られていますし、意外にランニングコストに気を配らなればならないのも事実です。

それでも、即効性を期待しない身の丈に合った安定期したデリケートゾーンの黒ずみ改善を求める方であれば、最も選ぶべき改善法でもあります。今回紹介した市販のケアアイテムに関しても、ぜひお試しください。