デリケートゾーンの黒ずみはニベアで解消できる?効果と口コミを検証

誰にも言えない深刻な悩みにもなりやすいデリケートゾゾーンの黒ずみですが、その改善についてかの有名な「ニベア」が役に立つという声も多く聞かれます。

ニベアと言えばオールシーズンにてお肌の手入れには欠かせない、スキンケアのスタンダードとも呼べる存在です。

しかし、普段においてニベアを使っている方でも、デリケートゾーンの黒ずみ改善に本当に効果があるのか疑問に感じる方もいるでしょ。ここでは、ニベアによる改善効果について総合系に検証していきます。

デリケートゾーンの黒ずみにはニベアのどのタイプを使うべき?

一般的にニベアと聞いて多くの方が想像するのが「青缶」と呼ばれるあの丸い形をしたクリームです。

しかし、ニベアにはこれ以外にもボディケアに使える製品が多くあり、それらケア製品をデリケートゾーンの黒ずみ対策に活用している方が多く存在しています。

ここでは、数ある日本のニベアの中でもデリケートゾーンの黒ずみ対策に有効なボディケア商品をピックアップして紹介しましょう。

ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニング

最初はホワイトニングを目的とした製品で、ニベアのデリケートゾーンの黒ずみ対策ケアアイテムとしては、かなり汎用性の高いとても評判の良いタイプになります。

この製品は安定型ビタミンCの配合により美白を実現させる仕組みを持っており、黒ずみの根本原因ともなりがちなメラニンの生成を抑える働きを示してくれるのです。

ボディ全体に使えるタイプなのでデリケートゾーン専用という訳ではありませんが、表面上の美白だけでなく保湿効果によってお肌の質感もさらに若々しくしてくれます。

ニベア マシュマロケアボディミルク

アンダーヘアの処理後のような敏感なデリケートゾーンにも使用することができる、お肌に優しいボディミルクシリーズがこの製品です。

デリケートゾーンの黒ずみは下着との摩擦でも発生しやすくなり、さらにデリケートゾーンの肌荒れはその傾向に拍車をかけてしまいます。

そのため、入浴後のケアもこの1本を使うことで、その後の肌の状態が見違えるほど艶っぽく変わってきます。もちろん、肌荒れ予防の成分も配合されてるので適量を見極めてお使いください。

デリケートゾーンの黒ずみにニベアを使った人の口コミ

さて、すでに紹介したニベアのボディケアアイテムですが、実際にこれを使ってみた際の効果はどうなのでしょうか?ここでは、いくつかの有用な意見を取りまとめてみました。

デリケートゾーンに黒ずみが出にくくなった

まず、大部分の使用経験のある方の一般的な感想として、デリケートゾーンの黒ずみが発生しにくくなったという点です。

つまり、ここで気を付けたいこととして黒ずみそのものが完全に除去されるという意味ではなく、黒ずみが悪化しにくくなったという点を認識しなければなりません。

また、入浴時のデリケートゾーン洗浄を徹底した後、美白成分の配合されたケアアイテムでトリートメントすることで黒ずみ目立ちにくくもなっていきます。

デリケートゾーンに若干刺激を感じる

しかし、紹介したボディケアアイテムは確かにスキンケア全般にて美白を目的にしている訳ですが、それと同時にデリケートゾーンへの使用を完全に想定しきれていないこともありえます。

言ってみれば、全体的に肌に優しい成分が含まれてても、デリケートゾーンにはそれでも刺激をある程度感じることもあるのです。

黒ずみの程度は別にして、デリケートゾーンの肌質は個人ごとに大きく異なり、使用量などを含めて個別に適量を見極めなければ刺激は避けられません。

保湿成分が多いので蒸れやすくなることも

さらに、ボディケアアイテムの機能上の矛盾として、保湿成分が含まれているだけに通気性の悪化しがちなデリケートゾーンは蒸れやすくなります。

デリケートゾーンの蒸れは痒みやかぶれを引き起こし、本来は黒ずみの改善だけが目的だったのに肌質まで悪化させてしまう悪循環に陥るのです。

そのため、デリケートゾーンへの使用については決められた使用量を守ることも重要ですが、それ以上に普段身に着ける下着などについて自分に合ったものを選ばなければなりません。

冬などの寒い時期になると、デリケートゾーンを開放的にさせるのはむしろ苦痛に感じられることもありますし、保湿と保温のバランスを特に注意しなければならないのです。

デリケートゾーンの黒ずみには別タイプのニベアを使うとさらに効果的?

実はニベアというブランドが、ドイツからやってきたということについては多くの方がご存じないかもしれません。

いわば欧米人のスキンケア概念を日本にも取り入れた形になりますが、スキンケアに関しては日本と大きく違っている点が1つ存在していました。

それがまさにデリケートゾーンのケアという点であり、同じニベアでも本場ドイツの製品はデリケートゾーンケアをダイレクトに想定しているものも多いのです。

ここでは、そのドイツのニベアの製品のうち、デリケートゾーン専用のものを見ていきましょう。

ニベアのデリケートゾーン専用ソープの入手方法

本場ドイツのデリケートゾーン用のニベアには、必ず「intimo」という表記があり、正式には「Nivea Intimo Waschlotion Mild Fresh(ニベア ウォッシュローション マイルド フレッシュ)」という名称にて、基本的には日本の一般のドラッグストアなどでは購入することができません。

そのため、ネットの大手モールからの購入や、専門業者からも並行輸入という形で購入するのが一般的です。

価格的に税込みにて2,000円前後で購入できることが多く、並行輸入品にしては比較的安価で購入できます。

ただ、液体製品であることもあって専門でも実績の確かな業者から購入しなければ、自宅に到着するまで想像以上に時間がかかることもあるのでくれぐれも販売元のセレクトには気を遣うようにしましょう。

ニベアのデリケートゾーン専用ソープの成分を含む製品概要

次に製品の成分ですが、オーガニックのホホバオイルだけでなく天然のカモミールエキスを配合しており、乳酸も含まれていますので本来デリケートゾーンが備えるべきナチュラルなpHのバランスも上手く整えてくれます。

この製品はデリケートゾーン用のウォッシュローションなので毎日自身に合った量にてお湯で泡立てて洗浄するアイテムであり、入浴後のケアに関しては別のアイテムを使うことがおすすめです。

これにより、すでに上記で紹介した日本でも市販されているボディミルク等と併用するだけで、デリケートゾーンの黒ずみ対策がより一段と強いものに変わっていきます。

日本のニベアと比べて黒ずみ改善の効果が出やすい?

さて、気になる使用感ですが欧米人用とはいうものの、刺激もかなり少なめで日本の別ブランドのデリケートゾーン用ケアアイテムと変わらないくらいのお肌への優しさです。

欧米人にはごく当たり前の洗浄時から黒ずみ対策を行うためのアイテムなので、長期に使用することによって黒ずみの改善だけでなく黒ずみのできにくいデリケートゾーンへと変化してきます。

現在、日本人の女性であってもデリケートゾーンのケアには大変関心が高くなっているのは明白です。

今後は日本のニベア製品であってもデリケートゾーンを専門に想定したものも増えていくことから、このドイツのニベア製品以外にも選択肢が多くなるのは間違いありません。

デリケートゾーンの黒ずみにニベアは効果的なの?

ニベアにはいろんなタイプの製品が用意されており、日本の製品と本場のドイツの製品を一緒に使うことでデリケートゾーンの黒ずみ改善にも大いに期待ができます。

しかし、ドイツのニベア製品に言えることは欧米人仕様の使用量を直接日本人に適用すると、デリケートゾーンのコンディションに悪影響を及ぼしてしまうのはやはり避けられません。

皮膚科で進めるようなレーザー施術のように改善即効性はあり得ませんが、毎日地道に使い続けることでデリケートゾーンの黒ずみは確実に改善していくのです。